07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たまこ

Author:たまこ
へっぽこ夫婦のへなちょこ嫁。
漫画・アニメ、もふもふ族が大好き。
あ、あと日本酒も(*´艸`)<ぷぷぷっ

おもな登場人物




松風:ネザーランドドワーフの男の子。
懐もお腹も太っ腹のもふもふ族長兄。
あだ名は「松風先生」「まつもち君」「まちち」。
2012年1月21日、ペットショップよりお迎え。



幸村:ミシシッピニオイガメの子。まだ性別は不明。
ながたま家唯一の癒し系担当。熊本のハニカミ王子。
あだ名は「ゆっきー」「幸村さん」。
2013年5月12日、ホームセンターよりお迎え。



茶々:キンクマハムスターの女の子。
我が家の紅一点、そして女帝。
あだ名は「ちゃーちゃん」「ちゃこさん」。
2013年7月23日、ペットショップよりお迎え。
2015年3月25日、ひなたぼっこをしながらそのまま永眠。



伊達藤次郎政宗:ベタの男の子。
食べ物への情熱に燃える紅い漢。ちょいラテン系。
2013年8月25日、水生生物の専門店よりお迎え。
2014年8月31日、三途の川をすいすいと泳いで逝く。



助右衛門:キジ白猫の男の子。
かぎしっぽう隊の一番隊。
シマシマズの太ましいアニキの方。
あだ名は「がごしゃん」「がご猫さん」。
2013年11月11日、自宅前の道路にて保護。



兼続:キジトラ猫の男の子。
かぎしっぽう隊の二番隊。
シマシマズのやんちゃすぎるボーイの方。
あだ名は「びっちゃん」、「びた男」。
2014年6月6日、自宅前の道路にて保護。



三成:ハチワレ猫の男の子。白毛多め。
かぎしっぽう隊の三番隊。
あだ名は「みつ」「みっつさん」。
2014年11月24日、里親募集サイト経由で譲渡。



なつ:シャム系猫の女の子。
かぎしっぽう隊の四番隊。
あだ名は「なちこちゃん」、「レディ子」。
2015年6月3日、夫の職場近辺にて保護。



猿飛佐助:ハチワレ猫の男の子。黒毛多め。
かぎしっぽう隊の五番隊。
あだ名は「きゅんちゃん」、「きゅんボーイ」。
2016年6月17日、近所で保護。

ながお:もふもふ一族の長であり夫。
自称・愛妻家で恐妻家の年下馬面亭主。
お酒・煙草・ゲーム・家族が大好き。

たまこ:妻。ブログの書き手。
熊本弁がしゃべれない、だけどくまモン県民。

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

Twitter

ブクログ


ブロとも一覧


紀州 フェレット 愛好会

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

女帝、永遠に。

2015.03.25 20:00|茶々(キンクマハムスター)
ながたま一家の紅一点。
最小もふもふにして最強もふもふのちゃーちゃん。
勝気なちゃーちゃんを前にすると
うさぎのアニキもにゃんこの弟達もなぜか気圧されてひれ伏してしまう、
生まれながらにしての女帝だったちゃーちゃん。

今日の午後2時、
青空の下、私の手のひらの中で
静かに亡くなりました。

昨日の夜も、いつものように元気でした。
ドライフルーツをあげたらおいしそうに食べていました。
どこにも目立った外傷もなく、
病気になったハムスター独特のちょっと血なまぐさい匂いもまったくせず、
倒れる直前まで食欲もあったらしい形跡が残っていて
(倒れているちゃーちゃんを発見したのはエサ箱付近)
何故、どうして、こんなことになってしまったのか、
情けないことにわからないままです。

私が倒れているちゃーちゃんを発見した時、
ちゃーちゃんはすでにもう身体が冷たくなり始めていて、息も絶え絶え。
病院に連れて行こうか迷いましたが
たとえ連れて行ったとして施術に耐えられるほど体力があるとは思えず、
むしろ移動やむやみやたらと体勢を変えることが辛そうだったので
もうこのまま手のひらで看取ろうと決めました。

室内よりベランダで日光を浴びる方が身体も温まるだろうと、
ちゃーちゃんを手のひらに包んで一緒にひなたぼっこをしました。
ずっと頭や身体を撫でながら、
今日も熊本は天気がいいねぇなんて思いながら。
何度かちゃーちゃんの匂いをかいで、
「やっぱりいい匂い。死ぬ間際の、あの匂いはしない。
私、なんか早とちりでもしてんのかな?」と、
その都度小首をかしげて。

でも、やっぱり、息をしなくなってしまった。

仕事中の夫にこの事を報告すると
「一緒にひなたぼっことか、最初で最後の親孝行だな」
と返事が返ってきて、不覚にもまた泣いてしまいました。

死に顔も全然苦しそうじゃなく、まるで眠りについたかのような安らかな顔で
最期の最期まで気品溢れる、でもとっても可愛いちゃーちゃんでした。

じゃあね、またね。
ゆっくりおやすみ、ちゃーちゃん。





今日はコメント欄閉めます。
また明日からは通常まったりのんびり更新でやっていきます。

スポンサーサイト