FC2ブログ

archive: 2014年01月  1/1

猿飛佐助

No image

推定5月生まれの男の子。2016年6月17日に保護。あだ名は、きゅんちゃん、きゅんボーイ。三にゃん坊の三成に続いて2匹目のハチワレ。きゅんちゃんは小柄で黒毛が多めなのが特徴。我が家の面々と同居を始めた当初、唯一同じ大きさだったうさぎの松風を自分と同じくらいの歳の猫だと勘違いし、多分今もそのまま(笑)うさぎの親友を持つ珍しい猫となる。...

  •  0
  •  closed

なつ

推定4月生まれのシャム系(っぽい)の女の子。2015年6月3日に保護。あだ名は、なつ姫、なちこ。ながたま家初の猫娘。食べるの大好き、遊ぶの大好きのおてんば姫。故にあだ名は「アリーナ」になりそうだった時期も。表側は薄いグレー、裏側は白とグレーのシマシマのリバーシブルしっぽが特徴。一見まっすぐだけど、触ってみると先っちょがちょこんと折れてる隠れかぎしっぽなので実は立派なかぎしっぽう隊の隊員でもある。...

  •  0
  •  closed

石田三成

推定10月生まれの白黒はちわれ猫の男の子。2014年11月8日、とある夫婦が保護。11月24日、里親募集サイトを経由して我が家に里子としてやってくる。あだ名は、みつ、みっちゃん、みつお、がりぞー(保護主さんがつけた最初の名前)。かぎしっぽう隊の三番隊としてピョインピョイン跳ね飛びながら活躍中。兄猫達だけでなく、ながたま夫婦や保護家族の皆さんに愛される超絶ゼイタク野郎である。...

  •  0
  •  closed

直江山城守兼続(なおえやましろのかみかねつぐ)

推定4月生まれのキジトラ猫の男の子。2014年6月6日に保護。あだ名は、びっちゃん、ぴぃちゃん(鳴き声が「ぴぃ」なので)、たっちたっちボーイ、など。猫のお兄ちゃんである助右衛門と2匹でシマシマズを結成。キャッチコピーは『やんちゃ過ぎるボーイ』。年下猫の三成とは「史実にならってこいつらも義兄弟の契りを交わしたか?」と思うほどの仲良しに。猫医者夫婦にも「この子はやんちゃだね!」と太鼓判を押されるほどのやんちゃ。...

  •  0
  •  closed

助右衛門(すけえもん)

推定9月生まれのキジ白猫の男の子。あだ名は、がご、がご猫さん、がごしゃん、巨猫さん。(常にのどをガーゴンガーゴン鳴らしてるので、ガーゴンさん→がごになる)2013年11月11日のポッキーの日に保護。初の猫の家族で、後にかぎしっぽう隊の一番隊、シマシマズの太ましいアニキになる。とてもおとなしく、かなりの人見知ラー。だがしかし、へっぽこ夫婦にはベッタリベタベタの甘えもん。弟猫たちのやんちゃっぷりに時々手を焼いてい...

  •  0
  •  closed

伊達藤次郎政宗(だてとうじろうまさむね)

ベタの男の子。2013年8月23日、近所の熱帯魚専門店よりお迎え。あだ名は、マー君、まさむね。一見金魚にも見えなくない容姿だが、鏡を見せると一転。全身のひれを開き、完全戦闘態勢になる。助右衛門は水面からごあいさつをする仲。2014年8月31日、三途の川をすいすい泳いで逝く。...

  •  0
  •  closed

茶々(ちゃちゃ)

キンクマハムスターの女の子。あだ名は、ちゃーちゃん、ちゃこさん、女帝。2013年7月23日に松風と同じペットショップよりお迎え。初の女の子のメンバーということもあり「蝶よ、花よ、茶々姫様よー」と育て結果、動物界のヒエラルキーをさらりとスルーし、ヒト、うさぎ、猫たちを尻に敷く、可愛くも恐ろしい女帝と化する。...

  •  0
  •  closed

幸村(ゆきむら)

ミシシッピニオイガメの子。まだまだちびっ子なため性別不明。あだ名は、ゆっきー。キャッチコピーは『熊本のハニカミ王子』。2013年5月12日に近所のホームセンターからお迎え。チャーミングポイントは、くいっと上がった口角。にぱー☆毎日がドタバタな我が家の唯一の癒し系担当である。...

  •  0
  •  closed

松風(まつかぜ)

ネザーランドドワーフの男の子。2011年10月31日のハロウィン・バースデー。あだ名は、まちち、もふ男、もち男、餅。(最後はダイレクト☆)我が家に来た初めての動物の家族。動物たちの表のボス。猫の弟たちには、兄貴分として時に厳しく、時に温かく接する一方、影の女帝である茶々には頭がまったく上がらない。特技は、極細ポッキーを両前足で持って食べること。(ごくまれーにあげます。常食ダメ。ゼッタイ。)...

  •  0
  •  closed