たまこさん家のもふもふな日々。

熊本のかたすみで、のんびりまったり暮らしています。
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編-地震のハナシ-

父さんとかくれんぼ。



ながお父さん「三成ー、みつはどこかなー?」



三成「ここなら見つからないですね( ̄∀ ̄)」



と思ったらあっさり見つかりましたー残念!\(^o^)/


◆◇◆◇◆◇

これは、4月16日の0時半頃撮った写真です。
つまり、これから約1時間後に本震が起きた訳ですけど。
さすがに前震より大きな地震が起きるとは思っていませんでしたが、


ながお「まだ来るだろ、そんな気がする」

たまこ「もういっちょ来そうだね」


と、予想。
なので、14日以降は前の揺れで倒れたもの(カラーボックスやパソコンなど)は床に寝かせ、
もふもふ達と私達夫婦はあまり被害がなかった奥の部屋で生活をしていました。
松風のケージの上には厚手のフリース毛布を乗せて、
かぎしっぽう隊はいつでも押入れに避難できるよう戸を少し開けて。

我が家のたまたま良かった事の1つが

『猫たちの避難スペースが設置してあること』

で、日頃から掃除機が怖くて逃げる三成や客人にビックリする面々(びっちゃん以外)の為に
押入れの一角に猫たちが待機できる空間を作っていたんですね。
地震が起きた時もみんなバラバラになる事なく、
敷物が敷いてあり、安全に隠れる事が出来る場所にすぐ行ってくれたので
私達も安心できました。
うさぎのひとはケージの中にいるのが一番安全なんじゃないですかね、恐らくは。
(ちなみに、外からの衝撃が怖いので極力周りには何も置かなかったです)

ヒトは、

とにかくスマホの充電をマメにしておくといいと思いますですよ。

ずっとゲームをしてて充電が間に合わず、被災してライフラインがオールNGになった時、
48%しかなかった坊主くんがいたとかいなかったとか・・・(笑)
今でこそ笑い話になりましたが、その時嫁さんにボロッカス言われたのは

まぁしょうがないですよね。(* ̄m ̄)<ププッ


スポンサーサイト
ごあいさつその他

たまこさんのへっぽこブログ、再始動だぜ!

IMG_1710-_R1.jpg

松風も、

IMG_1417-_R1.jpg

かぎしっぽう隊も、

IMG_16092-_R1.jpg

新しいお家にいったマロンちゃんも
みんなみんな元気に生活してます。

◇◆◇◆◇◆◇

と、いう訳で。
随分と長くながーいお休みをいただき、無事復活しましたたまこです。
皆さま、お元気でしたでしょうか。

私達もふもふ一家はどうしていたかを話す上で、
くまモン県民である以上4月の震災の事をすっとぼけて
「休み中?うんとね、毎日ゲームにお酒に充実したライフだったよ☆」とは言えず、
まぁやっぱり結構大変な時期もありました、というのが正直なところです。

私達が住んでいる地域は震源地である益城(ましき)からほど近く、
住んでいる階が4階であることもあり
めちゃくちゃ揺れて、家の中もめちゃくちゃになりました。
前震ではどうにか持ちこたえたライフラインも
本震では一瞬でアウトになりましたしね。

それでも我が家の面々は大きなケガをする事もなく、
周りの支えや協力、不幸中の幸いと言えるような事が続き
4月の終わりには家は落ち着きました。

まだまだ以前の生活に戻ったとは言い難いのですが、
少しずつ今までの状態に近付けるよう
ブロガーとしても復活していこうかと思った次第です。


・・・と、ここまで一応真面目に語ってみましたが、
ようは


ブログ書きたい書きたい書きたいーーー!(≧∇≦)


欲がMAXに達したので再開するってだけの事です(笑)
あとダンナさんであるながお氏に背中押されたのもちょこっとありつつ。

再開をするにあたって唯一考え悩んでいたのは熊本地震についてどこまでここで触れるかで、
ここで「みんな無事だったぜ、いえーい、ピースピース(@斧乃木ちゃん)」とざっくり報告して
次回からは今まで通り、毒にも薬にも何の役にも立たないブログを書こうかとも思ったのですが、
動物の家族がいる人が被災した時どうなるか、どうしたかという1つのケースを
ここでは話しておくべきなのかもしれないとも思っていて。
動物ブログには同じ動物飼いの方がたくさんやってきますからね。

でも、私の性格上、真面目一本で書くのは無理そうなので
読み手も書き手もあまり真剣になり過ぎないようなテンションで
時々小話マメ知識程度で書いていこうと思います。


ではでは、またどうぞよろしくお願いします(^^)

たまこ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。