10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

たまこ

Author:たまこ
へっぽこ夫婦のへなちょこ嫁。
漫画・アニメ、もふもふ族が大好き。
あ、あと日本酒も(*´艸`)<ぷぷぷっ

おもな登場人物




松風:ネザーランドドワーフの男の子。
懐もお腹も太っ腹のもふもふ族長兄。
あだ名は「松風先生」「まつもち君」「まちち」。
2012年1月21日、ペットショップよりお迎え。



幸村:ミシシッピニオイガメの子。まだ性別は不明。
ながたま家唯一の癒し系担当。熊本のハニカミ王子。
あだ名は「ゆっきー」「幸村さん」。
2013年5月12日、ホームセンターよりお迎え。



茶々:キンクマハムスターの女の子。
我が家の紅一点、そして女帝。
あだ名は「ちゃーちゃん」「ちゃこさん」。
2013年7月23日、ペットショップよりお迎え。
2015年3月25日、ひなたぼっこをしながらそのまま永眠。



伊達藤次郎政宗:ベタの男の子。
食べ物への情熱に燃える紅い漢。ちょいラテン系。
2013年8月25日、水生生物の専門店よりお迎え。
2014年8月31日、三途の川をすいすいと泳いで逝く。



助右衛門:キジ白猫の男の子。
かぎしっぽう隊の一番隊。
シマシマズの太ましいアニキの方。
あだ名は「がごしゃん」「がご猫さん」。
2013年11月11日、自宅前の道路にて保護。



兼続:キジトラ猫の男の子。
かぎしっぽう隊の二番隊。
シマシマズのやんちゃすぎるボーイの方。
あだ名は「びっちゃん」、「びた男」。
2014年6月6日、自宅前の道路にて保護。



三成:ハチワレ猫の男の子。白毛多め。
かぎしっぽう隊の三番隊。
あだ名は「みつ」「みっつさん」。
2014年11月24日、里親募集サイト経由で譲渡。



なつ:シャム系猫の女の子。
かぎしっぽう隊の四番隊。
あだ名は「なちこちゃん」、「レディ子」。
2015年6月3日、夫の職場近辺にて保護。



猿飛佐助:ハチワレ猫の男の子。黒毛多め。
かぎしっぽう隊の五番隊。
あだ名は「きゅんちゃん」、「きゅんボーイ」。
2016年6月17日、近所で保護。

ながお:もふもふ一族の長であり夫。
自称・愛妻家で恐妻家の年下馬面亭主。
お酒・煙草・ゲーム・家族が大好き。

たまこ:妻。ブログの書き手。
熊本弁がしゃべれない、だけどくまモン県民。

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

Twitter

ブクログ


ブロとも一覧


紀州 フェレット 愛好会

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

白黒と黒白。

IMG_2457[1]


ちびっ子猫忍者・佐助が真っ先に懐いたのは、
ミスター保父猫・がーさんでも
精神年齢が一番近いであろうびったさんでもなく、
あるいは月齢が割と近い(だいたい1歳違い)なちこちゃんでもなく


意外にも、
頭から花を咲かせる漢・三成でした。


最初から佐助の方から近づいていってたので
どこか親近感を覚えるところがあったのかもしれませんな。ハチワレ同士だし。
三成も三成で、寄ってきてはじゃれたりくっついてくる佐助を
全身全霊で可愛がるわけでもなく、全力で拒否するわけでもなく
なんとなーく相手したりしなかったりと、ゆるゆる対応していて。
佐助は自分からグイグイ好き好きアピールしてくる(ニャンコなのに)わんこタイプの子なので、
それくらいのライトな返しがちょうど良いみたいです(^^)

ちなみに、私は
白毛多めの白黒猫の三成と黒毛多めの黒白猫の佐助の組み合わせを

リバーシブル

と呼んでいます。

佐助も成猫になって大きくなったら
パッと見じゃどちらか分からないくらい似るんだろうなぁ。楽しみ♪(´∀`*)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ランキングも再参戦です( ̄^ ̄)ゞ

   ブログランキング・にほんブログ村へ   

 
スポンサーサイト

コメント

頭から花を咲かせてる、って箇所で飲んでたお茶がむせました(爆笑)!!

気の合う仲間がいて、佐助くんよかったね~。

reeさんへ。

ちょっと頭なでるだけでスポポポポーンとお花が咲くんですよ、三成は(笑)

子猫が家に来るたびに『この子はうちの子たちと仲良くやっていけるんだろか…ドキドキ(;・ω・)』と
思いながら見守っているのですが、
今回は一番当てにしていなかった漢の意外な活躍に助けられました( *´艸`)
非公開コメント