10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

たまこ

Author:たまこ
へっぽこ夫婦のへなちょこ嫁。
漫画・アニメ、もふもふ族が大好き。
あ、あと日本酒も(*´艸`)<ぷぷぷっ

おもな登場人物




松風:ネザーランドドワーフの男の子。
懐もお腹も太っ腹のもふもふ族長兄。
あだ名は「松風先生」「まつもち君」「まちち」。
2012年1月21日、ペットショップよりお迎え。



幸村:ミシシッピニオイガメの子。まだ性別は不明。
ながたま家唯一の癒し系担当。熊本のハニカミ王子。
あだ名は「ゆっきー」「幸村さん」。
2013年5月12日、ホームセンターよりお迎え。



茶々:キンクマハムスターの女の子。
我が家の紅一点、そして女帝。
あだ名は「ちゃーちゃん」「ちゃこさん」。
2013年7月23日、ペットショップよりお迎え。
2015年3月25日、ひなたぼっこをしながらそのまま永眠。



伊達藤次郎政宗:ベタの男の子。
食べ物への情熱に燃える紅い漢。ちょいラテン系。
2013年8月25日、水生生物の専門店よりお迎え。
2014年8月31日、三途の川をすいすいと泳いで逝く。



助右衛門:キジ白猫の男の子。
かぎしっぽう隊の一番隊。
シマシマズの太ましいアニキの方。
あだ名は「がごしゃん」「がご猫さん」。
2013年11月11日、自宅前の道路にて保護。



兼続:キジトラ猫の男の子。
かぎしっぽう隊の二番隊。
シマシマズのやんちゃすぎるボーイの方。
あだ名は「びっちゃん」、「びた男」。
2014年6月6日、自宅前の道路にて保護。



三成:ハチワレ猫の男の子。白毛多め。
かぎしっぽう隊の三番隊。
あだ名は「みつ」「みっつさん」。
2014年11月24日、里親募集サイト経由で譲渡。



なつ:シャム系猫の女の子。
かぎしっぽう隊の四番隊。
あだ名は「なちこちゃん」、「レディ子」。
2015年6月3日、夫の職場近辺にて保護。



猿飛佐助:ハチワレ猫の男の子。黒毛多め。
かぎしっぽう隊の五番隊。
あだ名は「きゅんちゃん」、「きゅんボーイ」。
2016年6月17日、近所で保護。

ながお:もふもふ一族の長であり夫。
自称・愛妻家で恐妻家の年下馬面亭主。
お酒・煙草・ゲーム・家族が大好き。

たまこ:妻。ブログの書き手。
熊本弁がしゃべれない、だけどくまモン県民。

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

Twitter

ブクログ


ブロとも一覧


紀州 フェレット 愛好会

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

元野良にゃんこのトラウマ。




このちっこいちっこいカラダとココロに、
きっといろんなものを抱えているんだろうね。





でも、今夜はゆっくり眠ろうね。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


8月9日の深夜3時頃。
いつものように私達と一緒に眠っていたきゅんちゃんが突然パニックを起こしました。
何かに怯えるように部屋中を駆けて隠れる場所を探し、鏡台の裏に隠れ、
ずっとずっとうなったり威嚇をしたり。
夫と2人で状況をみて、他猫とのトラブル等、問題は特になさそうなことを確認。
新入りチビの豹変した姿にアワワハワワしてるかぎしっぽう隊には
「大丈夫よーちょっと向こう行ってようか」と声をかけ隔離してから
怖がるきゅんちゃんをそっと抱っこしました。
ところが、撫でながらなだめると一時は落ち着きを取り戻すものの、
「よしよし。それじゃあそろそろ眠ろうか」と、枕元に呼んで横になると
またうなり声をあげて部屋の隅で臨戦態勢になっている。
数回このやり取りを繰り返した後、
このままではきゅんちゃんや周りの子たち、ヒトも休まらないと思ったので
次の日仕事がある夫には眠ってもらい、私はずっときゅんちゃんを抱っこしながら
何がキッカケになってパニックを起こしたのか、
どうしたらきゅんちゃんが心穏やかに過ごせるようになるのか、
そして、


「もし、このままパニックを起こした状態が続いたらどうしよう…?」


そんなことをぐるぐるぐるぐる考えながら夜明けを迎えました。

翌日、日中は何事もなかったかのようにのんびり過ごし
『なんだ、なんか怖い夢でもみたのかな?』と安心しかけていたら
その日の夜中、また突然怒れるきゅんちゃんにモードオン。
その姿がきゅんちゃんを保護した時の様子によく似ていたので
「もしかしたら、野良時代に何かあってトラウマを抱えてるのかもしれないね(´・ω・`)」と
夫と2人話し合っていました。

結局、数日かけて少しずつ暴れる回数が減っていき
最終的にはパニックを起こすこともなくなりましたが、
彼がどうしてパニックを起こしてしまうのかはわからないまま。
今までの保護っ子達が偶然タフな子ばかりだったのか、こういう経験がなかったので
当時、私も夫も内心とても心配して慌てました。

今の彼がどう折り合いをつけているのか、話を聞きたくても私達には聞きようがないですが
出来るならもう怖い事を思い出さずにいられるようにと
飼い主は願わずにはいられません。


ランキングにこそっと参加中です。是非ポチッと(^^)



スポンサーサイト

コメント

はじめまして いつも拝見させていただいてます。
「キュンちゃん」が 余りにもうちの「ノリちゃん」に
似ているので 他人事ではないような気がします。
(ノリちゃんはやんちゃですが女の子です。)
娘が言うには 昔は公家さん達が 家の中で人に見えない
何か?を退治してもらう目的で猫を飼っていたと聞きました。
本当かどうか?は知りませんが それも一理あるかと思います。
犬もそうですが 猫も優しい飼い主が大好きなんですよね。

園主さんへ。

はじめまして、こんにちは^^
コメントありがとうございます!
こちらこそいつも楽しませていただいております♪

ノリちゃんはおてんばガールなんですか!
確かに性格はうちのきゅんちゃんと似ているかもしれませんね(笑)
きゅんちゃんもノリちゃんのような美猫さんに育つといいなーと思います(*´ω`)

動物や小さい子どもなど、一部の存在にはみえる『トクベツなもの(幽霊とか?)』があると私も聞いたことがあります。
そういう相手とバトルでもしたんですかね?
突然だったので、家族一同本当にビックリしましたよ><
この一件はもし言葉が話せていたらなにがあったのか聞いてみたいエピソードの1つになりました。

大変ですね~。
何か怖い事があったんですね。
義母が以前嵐の後に猫を保護した時、嵐の時にそんな感じになったんです。
きゅんちゃんの不安が少しずつ少しずつ緩和されますように。

始めまして、みゆららです。ワタクシの家の下の猫(7歳)も始めてきた日はそんな感じで、私のチャンチャンコの中で一晩一緒に過ごしたことを思い出しました。避妊手術した病院で過ごした夜も震えながら一睡もしなかったと先生からお聞きしました。そして上の猫(8歳)はいまだに何か夢でも見るのか、時折寝言で悲しそうな声を出す時があります。言葉がしゃべれない分、勝手に想像してどんどん親ばかが進んみ・・・おやつあげすぎておデブになり、病院行くたびに先生に叱られれるダメ親です(;_;)キュンちゃん一杯愛してあげてください(:_;)

reeさんへ。

こんばんはーたまこです(^^)

あの時期は本当に心配で仕方なかったですね><
昼間は平和に過ごしてるのに、夜(というか夜中)になると人が変わる…
じゃなくて猫が変わるみたいな感じになってしまって(;^ω^)
最近はぐーすかぴーすか寝てるので、このまま心穏やかに過ごせるといいなーと思っています^^

みゆららさんへ。

はじめまして、こんばんはーたまこです(^^)
コメントありがとうございます!

みゆららさん宅の猫さんにも何か怖い思い出があるんでしょうかね(´;ω;`)
心配ばかりが募ってしまう気持ち、お察しします><
普段は「もしもこの子達と言葉が交わせたらメシメシうるさそうだわなー」と思っているんですが(笑)、
こういう時ばかりはやっぱり話せたらどれだけいいかと思わずにはいられませんね。
あまりに辛そうなら病院に行き、先生と相談の上投薬治療(って言っていいんですかね?この場合)かな…と考えていたので
状況が悪化せずいられて少しは安心しています。

親バカ上等!いいじゃないですか♪
おやつをあげたらその分一緒に遊んで運動すればいいんですよ~(*´▽`*)
くれぐれもメタボちゃんにならないようお気をつけ下さいね。
非公開コメント